2017年6月21日水曜日

【イベント報告】「リトルプレス鼎談@北書店」に参加しました

イベント後の雑談の様子

6月19日、ニイガタブックライト主催の「リトルプレス鼎談@北書店」に参加しました。このイベントは前日、18日の一箱古本市in現代市の関連イベントとして開催されました。

一箱古本市の仕掛人・南陀楼綾繁さんの進行で、ブリコールの桾沢厚子さん、Life-mag.小林がそれぞれ活動の経緯や思いなどを話しました。

桾沢さんの人生を変えた本との出会い、『昭和の記憶』の制作エピソードははじめて直接聞けました。桾沢さんによる、巻町双書に寄せた河治町長の文章の朗読もよかった。10代の頃から本や雑誌、同人誌にマニアックに関わってきた南陀楼さんの話も面白かったです。

上の写真はイベント終了後、それぞれが持ち寄った影響を受けた雑誌などをめくりながら雑談する様子です。イベント中の写真は後日ブックライトさんのWebにアップされるとのことです。

ブックライトさんの事前告知に「佐藤店長のちょっかいもお楽しみに!」とありましたが、今回イベント中にハッとさせられた一言がこちら。


「小林くんは〈余白〉の人だから」


これは、言葉の響きを大切にするという意味か、聞き手それぞれの解釈の幅を大切にするという意味でしょうか。いやいや、「小林くんあんましゃべんねーな」というシンプルな意味か。どちらにせよ、言われた本人は妙に合点がいく一言でした。

雑誌の発行やなにかのタイミングでLife-mag.も主催イベントを久しぶりにやってみたいのですが、どうにも余裕のない日々を送っています。次号や既刊誌に関わるなにかをテーマに読者との交流をはかりたいのですが...。

そんな思いもあるので、今回のようにイベントに出させていただく機会はほんとうにありがたいです。傍目には出歩く仕事に見えるかもしれませんが、実際のところは、編集、デザイン、納品、経理ほか雑務と、ひとり頭を抱えている時間がほとんどです。読者や旧知の知り合いに直接会える機会は、精神衛生上たいへんありがたいのです。

主催いただいたニイガタブックライトの亀貝さん、スタッフの皆様、受付を手伝ってくれた文旦さん、会場の北書店・佐藤さん、そして参加いただいた皆様、ありがとうございました。

最近、追い込まれて泣き崩れるという夢を見て、「あぁ、いろいろ追い込まれてるのかなぁ」と思っていたのでいい刺激になりました。

以下にイベント前の時間に歩いて撮った写真を載せておきます。

寿湯

岩室駅から越後線に乗って白山駅で下車。15時過ぎに一旦、会場入り。その後、西堀通のクラシックショップ「コンチェルト」の佐藤さんのことろへ。そして「新潟絵屋」の蓮池もも展へ。この日は暑く、午前中からの汗を流してからイベントに出ようと、こんぴら通りの「寿湯」へ向かうも休業中。


金刀比羅神社

ななめ向かいの金刀比羅神社でイベントの無事を祈って参拝。本町通の「いずみ湯」に向かうも月曜休み。古町通の「菊乃湯」は休業中。う〜むと、白山浦の「有馬湯」に向かうと月曜休み。


飛鳥

歩き疲れて、学校町通の「飛鳥」で夜定食700円。がっつりでした。「はい、学生さん。ご飯おかわりしてよ」と学生に間違えられ、不思議な心地よさ。

看板

18時過ぎ、満腹状態で会場戻り。

タガヤス堂さんのコーヒー

各種メディアで話題沸騰中の佐渡の羽茂から来たタガヤス堂さんのコーヒーを飲んでイベントへ。オケサドコーヒーの豆、美味しかったです。次回の佐渡納品回りの際は、ドーナツも食べたい。

以上です。